こんにちは~。今回は、

ワクワクとスリルいっぱいの

男の子二人の冒険物語の絵本

おしいれのぼうけん」の

あらすじや感想、読みきかせた時の

子供の反応などを紹介したいと

思います。

 

絵本を購入の際に

参考にしていただければ

嬉しいです。

Sponsored Links

あらすじ

絵本「おしいれのぼうけん」

作 ふるたたるひ たばたせいいち

出版社 童心社

発行日 1974年

さくら保育園には、怖いものが2つ

あり、押入れとねずみ婆さんです。

 

ねずみ婆さんとは、先生たちがやる

人形劇に出てくるねずみ婆さんのこと

です。

 

とても怖くて、子供たちは

ねずみ婆さんの声を聞くと、耳を

ふさいだり、「きゃーっ」と言ったり

します。

でも、子供たちは大好きな

水野先生も声を出す人形劇が好きです。

 

押し入れは、給食のときやお昼寝の

時に、騒いで言うことを聞かず、

静かにしない子が入れられる所です。

 

入れられた子は、暗くて怖くて

泣き出します。「ごめんなさい」と

言って、押し入れから出てくる時、

出てきた子も、友逹も、押し入れに

入れた先生も、ほっとします。

 

ある日、お昼寝前の着替えの時、

あきらが脱いだ服のポケットから

赤いミニカーが床に落ちました。

 

さとしが「ぼくに貸して」と言い、

あきらが「だめだよ、ぼくのだから」

と言い、取り合いになって、二人は

昼寝をしている子供たちの上を走り

回りました。

 

先生が「やめなさい」

と言っても、やめません。

ふんづけられた子供たちは、「痛い」

と悲鳴を上げました。

 

怒った水野先生は、

「押入れの中で考えなさい」と、

あきらを下の段に入れ、さとしを

上の段に入れて、ぴしゃっと戸を

閉めてしまいました。

 

泣きべそをかくあきらに、

「泣くな、あーくん。穴があるぞ。

外を見てみろよ。」と、

二人は押入れの戸の穴から外を覗き

始め、先生はガムテープを貼って

穴を塞いでしまいます。

 

それでも二人は「ごめんなさい」と

言わず、外が見えなくなって、

戸をどんどん蹴飛ばし始めました。

 

汗ぐっしょりになって戸を

押さえる先生たちも

困ってしまいます。とうとう、

あきらが

「ぼく、もうだめだよ。」

と言うと、さとしは、

「あーくん、さっきはごめんね。

ミニカー返すよこれで遊べよ。」と、

さとしの手が下にのびてきました。

 

ミニカーを受け取る時、二人の汗かいた熱い

手が触れ合いました。あきらは

「さとちゃん、手をつなごう。」

と言い、二人は汗でべとべとの

手をしっかり握り合いました。

 

あきらは、床にミニカーを置くと、

代わりにズボンのポケットから

取り出したミニ蒸気機関車の

デゴイチを

「これ、さとちゃんに貸してやるよ。」

と渡しました。

 

押し入れの中で、仲直りにし、

お互いに勇気をもらい、二人は

ミニカーとデゴイチで遊び始めます。

 

その時、押入れの壁の模様が、

トンネルに見え、違う壁からゆらゆら

ねずみ婆さんが現れます。

 

ねずみ婆さんに脅されてたあきらは

「ごめんなさい」

と言おうとすると、

さとしが

「手をつなごう」と手を

握り、二人で逃げ出します。

 

トンネルを抜け、高速道路を走り、

下水道を逃げますが、とうとう

ねずみ婆さんのねずみたちに捕まり、

ねずみ婆さんの前へ連れて行かれます。

 

「謝るなら逃してやる」と

言われますが、

「僕達、悪くないもん

ごめんなさいなんて、いうもんか!」

とあきらが叫びます。

 

すると、ねずみ婆さんに、

「それならねずみにしてやろう」と

脅されますが、二人はそれでも謝りません。

 

ねずみたちが

飛かかろうとしたその時、デゴイチと

ミニカーが現れます。

 

そして、デゴイチとミニカーは、

たちまち、子供が乗れるくらいの

大きさになり、蒸気の煙とライトで、

ねずみ婆さんの目の光は消されました。

 

さとしとあきらはデゴイチと車に飛び乗り、

ねずみたちは逃げ出しました。

 

疲れ果てた二人は、星空を見て、

気持ちよくうとうとしていました。

 

その時、押し入れの戸が開いて、

先生たちが二人を外に出しました。

 

「押入れの外で考えてもらった方が

よかった」と、水野先生は

自分のやり方を反省しました。

 

皆が二人のそばに集まると、まず、

ふんじゃった子に

「ごめんね。」と謝り、

押入れの中は、わくわくする

冒険の出来る所だと、友逹に

話しました。

 

次の日から、水野先生は押し入れに

子供たちを入れなくなりました。

 

代わりに、子供たちが自分で

押し入れに入れるようにして、

押し入れとねずみ婆さんは、子供たち

にとって、楽しいものに変わったと

いう内容です。

Sponsored Links

おしいれのぼうけんを読んだ感想

この絵本は、私が子供の頃に読んで

とても記憶に残っている絵本です。

 

ねずみ婆さんと暗闇が怖いのに、

ハラハラドキドキするスリルある

冒険のお話が好きでした。

 

子供だった私にとって、

押し入れは、魅力的な場所で、

この絵本を読んでからは、

ちょっと怖くて、押し入れが

どこか違う世界に繋がってる気が

していました。

 

私の母が、私がお気に入りだった

絵本をいくつか残してくれていて、

その中にありました。

 

30年以上も経ち、だいぶ色あせ、

読み込んだので、少し破れたり、

表紙も擦れていますが、また、

手に取り、今度は自分の子供たちに

読み聞かせることができて、

嬉しく思います。

 

大人になって、読んでみると、また

違った感想も出てきて、考えさせられ

ました。

 

もしも今、保育園で悪いことを

した子を、押し入れに入れて反省させ

ようなら、問題になりますよね。

 

現在では、子供を押入れに閉じ込めて

しつけをしようとする可能性は低いです。

 

でも昔は、しつけの方法として、

一般的に理解されてた、そういう時代

だったのだと思います。

 

今の子育ての常識から考えると、

心配になったり、あり得ないような

内容の昔の絵本は他にもあります。

 

でも、それは、時代による子育て観の

違いなんだと思います。

私が良かったなと思うのは、

子供たちをお仕置きのために

押し入れに入れている間、先生も

心のなかで葛藤し、最後には

押入れの外で考えてもらった方が

よかったな、と反省されているところ

です。

大人にとっても考えさせられる

これからも大切にしたい1冊です。

Sponsored Links

子供に読みきかせた時の反応

娘が5歳、息子が3歳の時に、

初めて読みきかせました。

子供の頃の私と同じように、

ストーリーにどんどん

引き込まれていくのがわかりました。

各ページの文字数が多く、

全部で79ページもある長い物語なので、

何日かに分けて読もうとしたのですが、

子供たちが続きを知りたがったので

最後まで読みました。

 

娘は、途中、ねずみ婆さんが怖いけど、

読んでと言っていました。

お友達と手をつないで、勇気を

出して、怖さに立ち向かう姿は

娘に何か伝わったようでした。

 

3歳の息子も飽きずに、最後まで

真剣に聞いていて、私の腕を

ぎゅっと掴みながら、大きく息を

吐いていて、緊張感が伝わって

きました。

 

読み終えると、二人共、

ねずみ婆さんの怖さが一番印象に

残ったようでしたが、

「怖かったけどまた読んで」と言い、

やはり子供心を惹きつける作品のようです。

Sponsored Links

あとがき

1年生におすすめの絵本として

教科書に載っていましたが、

保育園でのお話でもあるし、

3,4歳くらいからでもゆっくり

読めば理解出来る内容だと思います。

 

中学年くらいまで楽しめる絵本だと

思いますので、是非沢山のお子様に

読んでほしい絵本です!

 

最後まで読んでくださって、

ありがとうございました。