こんにちは。今回は、

命に感謝して食べるということを

考える絵本「いのちをいただく」

のあらすじや感想、読み聞かせた時の

子供の反応等を紹介したいと

思います。

 

この実話に基づいたお話は、親子

ともに深く心に残り、命の尊さ、

生きるということを考えた

貴重な1冊です。

 

絵本をご購入の際に、是非

参考にしていただければ

嬉しいです。

Sponsored Links

「いのちをいただく」のあらすじ

いのちをいただく

原案 坂本義喜

作 内田美智子

絵 魚戸おさむとゆかいななかまたち

出版社 講談社

発行日 2013年


坂本さんは、食肉センターで、

牛の命を解いて、お肉にする仕事を

しています。

 

 

「解く」という言葉は、

人が食べるために、牛や豚を

殺すことを意味します。

 

坂本さんは、この自分の仕事が、

ずっと嫌でした。

 

人が食べるために、大切な仕事だと

分かっていても、牛と目が合うたび

仕事が嫌になるのです。

 

「いつか辞めよう」

と思いながら仕事をしていました。

 

ある日、小学校3年生の息子の

しのぶくんの授業参観に、

坂本さんが行くことになりました。

 

授業参観は、社会科の

「色んな仕事」という授業でした。

 

先生が子供たちひとりひとりに、

親の仕事を尋ねて、

しのぶくんの番になりました。

 

しのぶくんは、小さな声で

「肉屋です。普通の肉屋です。」

と言いました。

 

しのぶくんは、食肉解体の仕事は

血をいっぱい流すかっこ悪い仕事

だと思っていました。

 

でも、学校の帰り際、先生が、

その仕事の大切さを教えてくれ、

しのぶくんはお父さんの仕事は

すごいと、言いました。

 

その言葉を聞いて、坂本さんは、

もう少しこの仕事を続けようかな

と思いました。

 

ある日、一日の仕事を終えた

坂本さんが事務所で休んでいると、

一台のトラックがが来て、

荷台には牛が一匹、そこへ

女の子が上がっていきました。

 

近づいていくと、女の子が

牛に話かけている声が聞こえて

きました。

女の子は、

「みいちゃん、ごめんねぇ。」

と言いながら、牛の腹を

さすっていました。

 

 

坂本さんは、見なきゃよかった

と思いました。

 

生まれた時から一緒に育ってきた

牛のみいちゃんと女の子の

悲しい別れを見た坂本さんは、

「この仕事は、もう辞めよう。

もうできん。」

と思いました。

 

そして、明日の仕事を休むことを

思いつき、しのぶくんに話しました。

 

しのぶくんは、

「やっぱり、お父さんが

してやった方がよかよ。

心のなか人がしたら、

牛が苦しむけん。

お父さんがしてやんなっせ。」

と言いました。

 

次の日、坂本さんは

渋い顔をしながら、仕事へと

出かけました。

 

牛舎に入ると、みいちゃんは、

他の牛がするように角を下げて、

坂本さんを威嚇するような

ポーズをとりました。

 

坂本さんが、

「みいちゃんごめんよう。」

と話しかけると、みいちゃんは

坂本さんに首をこすりつけて

きました。

 

それから、女の子がしていたように

腹をさすりながら、

「みいちゃん、じっとしとけよ。

動いたら急所を外すけん、

そしたら、余計苦しいけん、

じっとしとけよ。」

と、言い聞かせました。

 

 

命を解くその時、

みいちゃんは、ちっとも

動きませんでした。

 

みいちゃんの目から

大きな涙がこぼれ落ちました。

 

 

坂本さんは、牛が泣くのを

初めて見ました。

 

普通は、牛が何かを察して

動くので、急所を外し、倒れた後に

大暴れするのですが、

みいちゃんは、倒れて

動くことはありませんでした。

 

後日、女の子のおじいちゃんが

やってきて言いました。

「昨日、あの肉ば少しもらって

帰って、皆で食べました。」

 

女の子は最初、

泣いてみいちゃんの肉を

食べませんでしたが、

おじいちゃんにありがとうと

食べてやれと、勧められ、

「みいちゃん、いただきます。」

「おいしかぁ、おいしかぁ。」

と泣きながら食べたと聞きました。

 

坂本さんは、もう少し

この仕事を続けようと

思いました。

Sponsored Links

「いのちをいただく」を読んだ感想

4歳だった娘が、食べ物の

好き嫌いが出ていた時期に、

何でも大事に食べてほしいと

いう思いから、食育になる

絵本を探していて、この絵本を

見つけました。

 

読んでみて、今まで、

どこかで気にはなっていたけれど、

深く考えてこなかった

問題と向き合うことが

できたと思います。

 

毎日食べている肉や魚なのに、

生きている物を解いたり、

捌いたりしている場面を

見ると、辛く、心が痛み、

「可愛そう」

だと、思ってしまします。

 

いつも自分は、美味しいと

食べているのに。

 

今の子供も大人も、

生き物の状態から

スーパーに売っている

肉や切り身になるまでの

過程を見ていないから

ですよね。

 

スーパーに行けば、

切った状態の肉や魚を

買うことが出来て、

命をいただいているという

実感がわきにくいのです。

 

昔は現在よりも、加工の過程を

知る、見る機会もあって、

今のように、嫌いだから

残して捨てるほどの

食料もなかったのです。

 

加工の過程を知っていて、

食べ物がない苦しい思いを

経験してきたからこそ

食べ物の有り難さを、

命の尊さを、身にしみて

身近に考えられていたのだと

思います。

 

生きるために食べて、

食べるために働いて、

命を解く仕事があって、

そうやって、成り立っていることに

改めて気づかさせられます。

 

人間は、生きるために、

動物の命を奪って食べている

という重みを深く感じました。

 

人間だけじゃなくて、

この世界の動物は、

生きるために食べています。

 

肉や魚だけでなく、

生きていると感じにくい

野菜や果物にだって、

命があるといううこと、

植物がなければ、

人間なんて生きて行けないこと、

沢山のことを考えさせて

もらいました。

 

食べ物を粗末にしてはいけない

という意味も、毎日言う

 

「いただきます」

 

「ごちそうさま」

 

の言葉も、

大切に思うことができ、

心を込めて言いたいと

思います。

 

大人にとっても、

読み応えがある貴重な

1冊です。

子供用歯磨き粉ブリアン

子供に読み聞かせた時の反応

娘にと買った絵本ですが、

4歳の娘には、まだ早いかなと

思い、見えないところに

しまっていました。

 

きっと、4歳の娘にとって、

牛が解かれるのが

可愛そうと思うのは

自然なことだと思います。

 

その場面の印象が強く

残るだろうと思いました。

 

そこから、もし、ますます

お肉を食べなくなったら

という思いがありました。

 

とてもいい絵本だと思いますが、

子供に読み聞かせる時期は

慎重に考える必要があると思い

ました。

 

この本を読んで私が思ったことを、

自分の言葉で娘に伝え、

食べ物の有り難さ、

大事に食べてほしいことを

伝えました。

 

購入して、娘が5歳になったころ、

本棚にこっそり並べておきました。

しばらくして、娘がこの本に

気づき、一人でパラパラとめくって

見ていました。

 

そして、

「読んで」と持ってきたので、

初めて読み聞かせました。

 

真剣に、聞いていましたが、

牛が解かれる場面では、

娘は号泣していました。

 

私も何度読んでも、やっぱり

涙が出てきます。

 

娘には内容がわかりりにくい

ところもあり、私が説明しながら

読みました。

 

また、九州の方言が、

初めて聞く言葉で、不思議

そうに聞いていました。

 

「いただきます」という言葉は

命へのありがとうという感謝

だと伝わったようです。

 

お肉があまり好きじゃない

娘でしたが、

「大事に食べる」と、

食べてくれたことは

嬉しかったです。

 

命の大切さを

子供も理解できたのだと

思います。

 

また、世の中には

いろいろな仕事があると

知るきっかけになったようです。

あとがき

このお話は、坂本さんが、

二十数年前に、実際に体験された

ことに基づいて、作られています。

 

坂本さんは、大人たちに

食肉解体の職業を

正しく理解してもらい、

子供たちには、命の尊さ、

色んな仕事があるということを

知ってほしくて、講演を

続けられました。

 

この絵本を読んで、

私達が知らないところで、

毎日命と向き合っている人が

いることを知ってほしいです。

 

そして、坂本さんの思いが

沢山の人に伝わり、ひとりひとりが

命の重さを受け止めて

考えていきたいですね。

 

坂本さんの娘さんは介護士の

仕事をされています。

 

「お父さんも私も、最期に会った人間が

自分でよかったと思ってもらえるよう、

毎日お世話している職業だから似ている」

という言葉は、とても心に響きました。

 

私も結婚するまで、介護士の仕事を

していました。

老人ホームで、沢山の方の最後を

看取らせていただき、娘さんの

気持ちが良くわかります。

 

是非、沢山の方に読んで

いただきたい貴重な絵本です。

 

最後まで読んでくださって、

ありがとうございました。