こんにちは~。今回は、

ページをめくるのが楽しみな

しかけ絵本

「きいろいのはちょうちょ」の

内容や感想、読み聞かせた時の

子供の反応等を紹介したいと

思います。

私が大好きな五味太郎さんの

作品で、うちの子供たちも2歳の頃

よく読んでとお気に入りだった

オススメの絵本です。

Sponsored Links

内容

しかけ絵本「きいろいのは ちょうちょ」

作・絵 五味太郎

出版社 偕成社

発行日 1983年


いろいのは ちょうちょ」だと

思っている男の子が、虫取りアミで

きいろいものを捕まえようとします。

 

ところが、虫取りアミをかぶせると

「あれ ちょうちょじゃない」と

驚きます。

 

そこには、きいろいお花が

ありました。

 

男の子は、またちょうちょを

探しに行きます。

 

次に、ちょうちょだと思って捕まえた

きいろいものは、ボールでした。

 

男の子が捕まえたと思った

ちょうちょは、ひよこ、風船、

ヘルメット、信号、オムライス、、、

何度捕まえても、やっぱり

ちょうちょではないのです。

 

男の子はだんだん不安になってきて、

ついに

「きいろいのはちょうちょじゃない」

と追いかけるのをやめてしまいます。

 

ところが、最後のきいろいものは、

本物のちょうちょだったという

内容です。

 

仕掛けの部分は、きいろい

ちょうちょの形に切り抜いた

2cmくらいの穴があいています。

 

切り抜かれた部分の次のページが

きいろの物なので、きいろの

ちょうちょに見えるようになって

いるのです。

 

そして、ページをめくってみると、

さっきはちょうちょの形だった

その切り抜きの穴の部分が、

豚の鼻、木の花、サングラス、

髪飾りのリボン、人の口、

ビルの看板のマーク、金魚、、、、

と違うものに変っています。

Sponsored Links

「きいろいのはちょうちょ」を読んだ感想

仕掛けの穴の部分が、

次のページでは違うものになる

ところが、工夫を凝らしていて、

とても面白いと思いました。

 

なるほどなあと、感心させられ、

大人が読んでも楽しいしかけ絵本

ですね。

 

お話の内容もとても気に入り、

お話の最後のオチのところも

クスッと笑ってしまいました。

 

また五味太郎さんの絵は、

カラフルだけど落ち着いた

色合いのかわいい絵も素敵で、

好きですね。

 

きっと子供もページをめくるのが

ワクワクして楽しいだろうなと

思います。

 

繰り返される文章とシンプルな

しかけは、子供たちに

とても分かりやすく、

オススメの絵本です。

子供用歯磨き粉ブリアン

読み聞かせた時の子供の反応

2歳だった娘に初めて読み聞かせ

しました。娘はちょうちょが大好き

なのでとても喜んでいました。

 

最初は、きいろいのが

ちょうちょではなくて

あれ?と驚いた様子でした。

 

読み進めていくと、だんだん

内容の流れが分かってきて、

次は何だろう?と、想像力を

広げながら考えていました。

 

読むたびに、仕掛け部分の発見を

して喜んでいて、3歳くらいまで

読んでとよく持ってきていた

お気に入りの1冊です。

 

息子には1歳の時に初めて

読み聞かせしました。

 

まだ小さいので、しかけ部分が

破れてしまうだろうなと

思いましたが、説明すると、

仕掛けの穴が小さいという

こともあり、意外と破れずに

大丈夫でした。

 

息子もやはりお気に入りの

1冊となった絵本です。

あとがき

この絵本は、大人気の絵本

「きんぎょがにげた」

五味太郎さんの作品です。

私が子供の時にも、五味太郎さんの

絵本を読んでもらった記憶が

あります。

 

子供も大人も楽しめる

しかけ絵本ですので、

オススメです。

 

最後まで読んでくださって

ありがとうございました。

その他の五味太郎さんの絵本

「たべたのだあれ」

「かくしたのだあれ」

「まどから・おくりもの 」

「ぽぽぽぽぽ 」

「とうさんまいご」

「わにさんどきっ はいしゃさんどきっ」

「みんなうんち」

「かずをかぞえる」